気象庁は27日、関東では29日に雪や雨が降るとの気象情報を発表した。大雪による交通の乱れや路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意するよう呼び掛けている。
 29日は低気圧が伊豆諸島付近を通過する一方、関東上空に寒気が流入する見込み。午前中を中心に山地で雪が積もる恐れがある。気温が予想より下がり、降水量が多くなった場合は平地でも警報級の大雪になる可能性があるという。 

(ニュース提供元:時事通信社)