気象庁は28日、関東甲信では29日未明から昼すぎにかけて雪や雨が降り、平野部でも雪が積もる所があるとして、交通の乱れや路面の凍結、雪崩に注意するよう呼び掛けた。
 29日は低気圧が伊豆諸島付近を通過し、関東甲信の上空に寒気が流れ込む。予想より気温が下がり、降水量が多くなった場合は、平野部でも警報級の大雪になる恐れがある。
 29日午後6時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、関東北部山沿い30センチ、甲信25センチ、埼玉・秩父や東京・多摩、神奈川・箱根15センチ、関東北部平野部10センチ、東京23区を含む関東南部平野部5センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)