国民的人気のお笑いグループ、ザ・ドリフターズのメンバーで、コメディアン、タレントとして活躍した志村けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。70歳だった。東京都出身。新型コロナウイルスに感染し、入院して闘病中だった。葬儀は近親者で行う。お別れの会は未定。
 志村さんは放送中の日本テレビ系のバラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」の司会を務め、30日に放送が始まったNHK連続テレビ小説「エール」にも日本の音楽界の重鎮役で出演することになっていた。
 所属事務所によると、3月17日から倦怠(けんたい)感があり、発熱と呼吸困難を訴えた。同20日に肺炎と診断されて入院。21日から意識がなく会話のできない状態となり、23日に新型コロナウイルスへの感染が判明し、治療を続けていた。
 また、事務所関係者は「志村さんの持病や基礎疾患は確認していない。喫煙はやめていたが、飲酒は楽しんでいた」と話している。
 志村さんはザ・ドリフターズの付き人を経て1974年、荒井注さんの後任として正式メンバーに。コント番組「8時だョ!全員集合」で歌った東村山音頭や加藤茶さんとのひげダンスなどで人気者になった。その後も「バカ殿様」「変なおじさん」「ひとみばあさん」など独特のキャラクターを生み出し、幅広い世代に親しまれた。「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」「志村けんのだいじょうぶだぁ」など自身の名を冠した番組に多数出演。12月公開予定の山田洋次監督の映画「キネマの神様」への出演も決まっていたが、辞退していた。 
〔写真説明〕タレントの志村けんさん

(ニュース提供元:時事通信社)