大阪府の吉村洋文知事は1日の定例記者会見で、大阪市北区のショーパブなどの飲食店で、新型コロナウイルスのクラスター(小規模な感染集団)が確認されたと明らかにした。
 クラスターが確認されたのはショーパブやクラブなど複数の飲食店。従業員や客のほか、濃厚接触者を含め計18人の感染が確認された。ただ、感染者は聞き取りに対し虚偽の申告をするなど行動歴の解明が難しく、クラスターの全容は分かっていない。
 吉村氏は「さらに隠れたクラスターがあるかもしれない」と危機感を示し、夜間の接客を伴う飲食店の利用自粛などを呼び掛けた。府は現在、店名の公表に向けショーパブと調整を続けているが、クラブには拒否されたという。 

(ニュース提供元:時事通信社)