【ワシントン時事】エスパー米国防長官は1日、ホワイトハウスでの記者会見で、麻薬密輸の取り締まり強化のため、カリブ海に米軍部隊を増派すると発表した。米政府が新型コロナウイルスの感染対策に追われる隙に乗じ、中南米の麻薬カルテルやベネズエラのマドゥロ政権が密輸活動を活発化させるのを防ぐのが狙い。
 エスパー氏は駆逐艦や哨戒機などを派遣し、カリブ海で麻薬対策に従事する戦力をほぼ倍増すると表明した。その上で「マドゥロ政権は麻薬取引から得た利益で圧政を行い、権力にしがみついている」と批判。取り締まりを強化することで「米国への違法薬物の持ち込みや敵の資金調達を防ぐことができる」と語った。
 ロイター通信によると、米軍艦艇はベネズエラ近海に派遣される見通し。米国が正統性を否定するマドゥロ政権に政治的、軍事的圧力をかける狙いがあるとみられる。 

(ニュース提供元:時事通信社)