【ロンドン時事】サウジアラビアは2日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」の緊急会合開催を呼び掛けた。原油相場が低迷する中、産油量の削減を協議する。サウジ国営通信が報じた。
 主要産油国による減産合意の可能性が高まり、原油価格は過剰供給が解消されるとの見方から急騰した。 

(ニュース提供元:時事通信社)