茂木敏充外相は3日の衆院外務委員会で、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた各国の国境閉鎖措置などにより、海外から帰国できない状態となっている日本人が約50カ国に4000人いると明らかにした。希望の党会派の井上一徳氏への答弁。
 茂木氏によると、このうち約1000人は具体的な帰国手段がいまだに決まっていないという。茂木氏は「どういう帰国手段がふさわしいか、邦人がどういうことを希望しているかも踏まえ、丁寧にしっかり対応したい」と支援を検討する考えを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)