帝国データバンクが3日発表した3月の景気動向調査によると、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は前月比6.2ポイント低下の32.5で、過去最大の下げ幅となった。DIは東日本大震災の発生から間もない2011年5月(31.4)以来約9年ぶりの低水準。02年の調査開始以来、初めて全10業界51業種が低下した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が幅広い業種に影響を及ぼしている。
 DIは消費税率が引き上げられた19年10月の調査から6カ月連続で前月を下回った。地域別でも全47都道府県が悪化した。
 感染拡大の影響が最も顕著だったのはサービス業界。内訳を見ると、訪日客減少や外出の自粛に伴い、「旅館・ホテル」が7.0と、初めて1桁台となった。サービス15業種のうち、「飲食店」「娯楽」など10業種が過去最大の下げ幅を記録。他業界では、消費低迷で「金融」、中国からの住宅機器納入が滞った「不動産」の下げ幅も過去最大だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)