【ニューヨーク時事】週末3日のニューヨーク株式相場は、米雇用統計の大幅悪化を嫌気し、反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比360.91ドル安の2万1052.53ドルで終了。下げ幅は一時550ドルに達した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は114.23ポイント安の7373.08で引けた。
 米労働省が発表した3月の雇用統計は、新型コロナウイルスの感染拡大で雇用削減の動きが広がる中、非農業部門就業者数が前月比70万1000人減と、9年半ぶりのマイナスを記録。米国が深刻な景気悪化に陥っているとの見方を裏付けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)