内閣府が7日発表した2月の景気動向指数(2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数(CI)が前月比0.6ポイント上昇の95.8だった。新型コロナウイルスの影響に伴う臨時休校やテレワークによる「巣ごもり需要」がCI改善を後押しした。上昇は2カ月連続だが、基調判断は7カ月連続で景気後退の可能性が高いことを示す「悪化」とした。
 2月はコンビニやドラッグストアでの販売が好調。寄与度が最大だった小売り全体の販売額は、コロナ感染拡大に備える飲食料品の買いだめや、マスク、除菌製品を含む日用品・医薬品の購入増から伸びた。
 3月以降はコロナの影響によるCI悪化が懸念されているが、数カ月先の動向を示す先行指数は1.6ポイント上昇の92.1となった。 

(ニュース提供元:時事通信社)