政府が新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を発令し、7都府県が対象となったのを受け、周辺自治体の首長らは7日、感染防止へ対象地域との往来自粛を住民らに求めた。
 首都圏からアクセスの良い長野県の阿部守一知事は「対象地域と県内との往来は基本的には行わないようにしていただきたい」と呼び掛けた。観光地で別荘も多い同県軽井沢町の藤巻進町長は「別荘の方たちに来るなとは絶対に申し上げるつもりはない」と強調。その他の観光客には「できるだけ移動しないで居住地にいていただきたい」と訴えた。
 岡山県の伊原木隆太知事は、いずれも対象地域となった県境を接する兵庫県と、経済圏が近い大阪府からの移動について「感染防止の真逆をいく行為なのでぜひ慎んでほしい」と主張。感染が拡大する都市部から地方に向かう「コロナ疎開」の自粛を働き掛けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)