安倍晋三首相は7日夜、NHKのテレビ番組に出演し、新型コロナウイルスの感染者急増を受けた緊急事態宣言について、「不十分となれば、新たな法制も当然視野に入れなければならない」と述べ、国や自治体の権限を強化する法整備の可能性に言及した。
 ただ、まずは新型インフルエンザ対策特別措置法など現行法に基づいて感染拡大阻止に全力を挙げる考えを強調。「それを徹底していけば、十分可能性がある」と語った。
 一方、首相は宣言の解除について「専門家に『この数ならクラスター(感染集団)をコントロールできる』と言ってもらえれば解除できる」と述べ、感染症専門家らでつくる基本的対処方針等諮問委員会などの見解を重視する考えを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)