日本医師会(日医)の横倉義武会長は7日夜、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言発令を受けて記者会見し、「爆発的な感染者の増加を防ぐのにぎりぎり間に合った」と、一定の評価を示した。
 日医は医療体制の逼迫(ひっぱく)を踏まえ、1日に独自の「医療危機的状況宣言」を発表した。横倉氏は「医療の立場から言えばあと数日早ければ良かったと思うが、あくまで結果論だ」とも語った。 
〔写真説明〕緊急事態宣言発令を受け、記者会見する日本医師会の横倉義武会長=7日夜、東京都文京区

(ニュース提供元:時事通信社)