茂木敏充外相は10日の衆院外務委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う各国の国境封鎖措置などにより、海外から帰国できなくなっている日本人が約60カ国に計約3300人いると明らかにした。野党共同会派の岡田克也元外相への答弁。
 このうち、帰国の手段と日程が確定したのは約2000人。チャーター便などに搭乗するめどが立ち、日程調整に入ったのが約900人。残り約400人については、手段と日程のいずれも調整中という。茂木氏は「外務省が一体となって取り組み、早期の帰国を実現したい」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)