菅義偉官房長官は18日の記者会見で、1~3月期の国内総生産速報値が年率換算で3.4%減となったことに関し、「外出自粛などの影響があった」と指摘、「(新型コロナウイルス)感染者数は先月に比べれば相当程度落ち着いてきており、収束に全力を挙げ、徐々に社会・経済活動のレベルを上げて日常生活を取り戻していく必要がある」と述べた。その上で、追加経済対策を盛り込む2020年度第2次補正予算の編成を急ぐ考えを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)