和歌山市の12階建てビル屋上の工事現場から鉄パイプが落下し、通行中の男性銀行員=当時(26)=が死亡した事故で、和歌山労働基準監督署は20日、工事に携わった建設会社ヒロケン(和歌山市)と同社社長(37)ら2人を労働安全衛生法違反容疑で和歌山地検に書類送検した。 

(ニュース提供元:時事通信社)