日本商工会議所の三村明夫会頭は20日の記者会見で、中小企業の事業再開に向け、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「新しい生活様式」に対応した設備投資への支援を政府に求めた。三村氏は「密接を避けながら(事業の)回転をどう上げればいいのかは、個々の企業が競争(原理)で真剣に考えるが、そのための設備費については(補助を)要望したい」と述べた。
 三村氏は「100人入っていたレストランが30人しか入れなくなることもある。企業にとっては生き死にに関わる問題だ」と指摘。その上で、事業者側の対応策として値上げも選択肢となるとの考えを示した。 
〔写真説明〕記者会見する日本商工会議所の三村明夫会頭=20日午後、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)