梶山弘志経済産業相は22日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業を支援するため、販路開拓などの経費を助成する「持続化補助金」の上限を現在の100万円から50万円上乗せし、150万円にすると発表した。補助率も経費の3分の2から4分の3に引き上げる。同日から申請を受け付ける。
 補助率の引き上げは、企業の生産性向上などを後押しする「ものづくり補助金」や、テレワークの環境整備などの費用に充てられる「IT導入補助金」も対象。ものづくり補助金に関しては、店舗の消毒など感染防止対策の費用への給付額を50万円引き上げ、最大1050万円とする。
 梶山氏は、緊急事態宣言の解除を受けて多くの企業が事業再開を本格化させる中で「歯を食いしばって頑張っている事業者を強力に支援したい」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)