西村康稔経済再生担当相は26日の記者会見で、緊急事態宣言の全面解除を受け、「解除されたから何でもやっていいわけではない」と述べ、段階的な社会・経済活動の再開を改めて求めた。新型コロナウイルス感染の「第2波は必ず起こる」とも言明、警戒を怠らないよう訴えた。
 西村氏は、「県をまたぐ不要不急の移動はしばらく避け、テレワーク・テレビ会議も使ってほしい」と要請。感染拡大防止のため、6月中旬にも運用が始まる感染者との濃厚接触確認アプリの利用を呼び掛けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)