自民党の岸田文雄政調会長は27日、党本部で開いた政調審議会で、日常的な新型コロナウイルス感染防止策を前提とする今後の社会・経済の在り方を議論するプロジェクトチーム(PT)を設置する方針を明らかにした。座長には甘利明税調会長が就く。
 席上、岸田氏は「(新型コロナの)第2波、第3波を乗り越えたとしても、引き続き新型コロナは存在する」と指摘。「国民の皆さんとともに新しい日常をつくっていかなければならない」と狙いを説明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)