【ニューヨーク時事】米国は27日、中国政府による香港への統制強化を定めた「国家安全法」導入の動きを「国際社会の平和と安全に影響を及ぼす緊急の世界的懸念」と指摘し、国連安保理会合の開催を要請した。米国連代表部が発表した。ただ、中国が開催に反対し、米代表部は声明で「透明性や行動に対する国際責任をめぐる中国共産党の恐怖を示す新たな例」と批判した。
 これに対し、中国の張軍国連大使はツイッターで米国の要請を「正当な理由がない」と拒否。国家安全法の導入は「内政問題」で安保理が扱う議題でないと主張した。安保理での米中対立が再び表面化した。 

(ニュース提供元:時事通信社)