NTTコミュニケーションズ(東京)は28日、国内サーバーが不正アクセスを受け、621社分の法人顧客の情報が流出した可能性があると発表した。流出したのは法人のサービス申込書や設定情報などで、政府の機密情報や個人顧客の情報は含まれていないという。
 同社によると、サーバーではクラウドサービスを運用・管理していた。社員が今月7日、不正アクセスを検知して調査したところ、シンガポールのサーバーを経由して侵入されていたことが判明し、情報漏えいの可能性があるという。侵入されたサーバーについては既に停止するなどの対応を取った。 

(ニュース提供元:時事通信社)