自民党の下村博文選対委員長と稲田朋美幹事長代行は28日、新型コロナウイルス感染収束後の新たな国家ビジョンを議論する議員連盟を同党内に発足させる考えを示した。下村氏が議連会長、稲田氏が幹事長を務める。党本部で記者団に明らかにした。
 下村、稲田両氏は「ポスト安倍」に意欲を示しており、党総裁選を意識した動きとの見方が出ている。下村氏は「コロナ後の世界で、日本の果たすべき役割を柔軟な発想で議論したい」と強調。稲田氏は「規制、雇用、教育の改革を議論し、社会像を示したい」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)