NTTは28日、国内グループ約280社で、6月以降、総務、経理、人事など内勤の在宅勤務率を5割以上とする方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、内勤の在宅勤務率は現在9割程度となっているが、ワクチンや治療薬が普及するなどのめどが立つまで在宅を合わせた勤務形態を続ける。 

(ニュース提供元:時事通信社)