北九州市は29日、新たに26人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。1日当たりの判明数は過去最多。感染確認は7日連続で、7日間の累計は69人となった。
 26人のうち10人は複合型特別養護老人ホームわかば(八幡西区)の職員と入所者、9人が北九州総合病院(小倉北区)の医療スタッフら。市はいずれもクラスター(感染者集団)と判断した。
 記者会見した永富秀樹保健福祉局長は「第2波の中にあるという認識を持っている。非常に厳しい状況だ」と述べた。
 東京都では新たに22人の感染が確認された。4日連続の増加で、20人を超えたのは約2週間ぶり。このうち13人は感染経路が不明だった。
 都内の新規感染者は23日、緊急事態宣言が出された4月7日以降で最も少ない2人を記録。25日に8人の感染が判明した後は増加が続き、連日2桁の感染者が確認されていた。
 厚生労働省はクラスター対策班から感染症の専門家を北九州市に2人、都に1人派遣した。同省によると、全国のクラスターは20日までに262件発生している。
 一方、羽田、成田両空港での検疫で10人の感染が判明。うち7人が外国籍の入国者だった。空港検疫での判明が2桁となるのは4月6日以来。 

(ニュース提供元:時事通信社)