【イスタンブール時事】イスラエル警察は30日、警官隊がエルサレム旧市街で「動くな」という呼び掛けに応じなかったパレスチナ人男性に発砲し、殺害したことを明らかにした。武器の所持を疑って呼び止めたが、実際は持っていなかった。イスラエル紙ハーレツ(電子版)が伝えた。
 警察の声明では、警官隊は男性が銃のように見える不審物を持っていると気付いて立ち止まるよう求めたが、無視されたため追い掛けて発砲した。
 男性は付近の住民で、この日は旧市街にある特別支援学校を訪れていたという。イスラエルやその占領地ではパレスチナ人による「テロ」を警戒するあまり、治安当局が過剰な暴力を行使するケースが長年繰り返されている。 

(ニュース提供元:時事通信社)