西村康稔経済再生担当相は31日のNHK番組で、新型コロナウイルスの感染者が相次ぐ北九州市や東京都の状況を受け、緊急事態宣言を再発令する可能性について「現時点でそういう段階にはない」と否定した。いずれも感染経路が一定程度、判明していることを理由に挙げた。
 一方で「危機感を持って状況を見ている。大きな流行にしないように全力を挙げなければいけない」とも強調。改めて「3密」回避やテレワーク継続などを呼び掛けた。
 西村氏はその後の記者会見で、トランプ米大統領が9月以降に延期する意向を示した先進7カ国首脳会議(G7サミット)について「感染にどう取り組むか、世界経済をどうかじ取りするか、議論するのは非常に大事なことだ」と指摘。その上で、安倍晋三首相が日本の取り組みを直接、G7首脳に説明する重要性を強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)