輸入業者から仕入れたマスクを高値で転売したとして、岡山県警は1日、国民生活安定緊急措置法違反(衛生マスクの転売禁止)の疑いで高松市伏石町、会社役員藤井淳希容疑者(34)を逮捕した。県警によると、新型コロナウイルスの影響で品薄になったマスクの転売が3月に禁止されて以降、書類送検されたケースはあったが、逮捕は全国で初めて。
 県警によると、藤井容疑者はインターネット通販などを行う輸入販売業者からマスク計16万枚を購入。ツイッターなどで購入を呼び掛けたり、路上で販売したりしていた。「全部売り、数十万円の売り上げがあった」と供述しているという。県警はうち7万枚の転売を確認し、規模が大きいことなどから逮捕に踏み切った。
 逮捕容疑は、岡山市内の駐車場で4月29日、香川県坂出市の知人男性(38)に対し、1枚44円で仕入れたマスク1万4000枚を69万3000円(1枚49.5円)で転売したほか、翌30日には岡山県倉敷市内の駐車場で、別の知人男性(38)にマスク2000枚を10万1200円(同50.6円)で転売した疑い。
 県警は購入した知人2人についても転売目的の可能性があるとみて捜査している。 

(ニュース提供元:時事通信社)