東京都は3日、新たに12人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。10人を上回ったのは3日連続。2日には34人の新規感染者が確認され、都は感染再拡大の兆候が表れた際に警戒を呼び掛ける「東京アラート」を発動していた。
 都の担当者は「感染者数は2桁が続いており、引き続き3密などに注意してほしい」と呼び掛けた。
 連日感染者が確認されている北九州市では、5人の陽性が判明。ただ、感染者数は減少しており、北橋健治市長は「最悪の厳しい状況は少しずつ脱却しつつある」と話した。
 国内全体では計30人の感染を確認。クルーズ船の乗船者らを含めた感染者の累計は1万7753人となった。
 死者は北海道と神奈川県、石川県、沖縄県で各1人増え、累計で920人となった。 

(ニュース提供元:時事通信社)