新型コロナウイルス感染拡大のリスクがある場所として例に挙がる「接待を伴う飲食店」について、政府は3日、菅義偉官房長官の記者会見などの際に「キャバレー」「ナイトクラブ」といった形で業種を具体的に示すことにした。「接待に使う飲食店」と混同される、として明確化するよう関係者から求められたため。
 政府の基本的対処方針には、これまでクラスター(感染者集団)が確認された場所として「繁華街の接待を伴う飲食店」とする記述があり、政府関係者もこの言葉を多用してきた。
 ところが、料亭をはじめ企業関係者らが接待に利用する高級飲食店などを指すと誤解される例があるといい、政府関係者はこうした店から区別するよう要望が寄せられたと説明。実際に菅氏は3日の会見で、休業要請の緩和に関連して「キャバレーなどの接待を伴う飲食店」と述べた。 
〔写真説明〕記者会見する菅義偉官房長官(中央)=3日、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)