文部科学省は3日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除に伴い、1日時点で全国の98%の学校が再開したと発表した。公立学校では、児童生徒が通常通りに登校しているのは55%で、27%が分散登校、17%が短縮授業だった。
 分散登校と短縮授業を実施する公立学校のうち、6月15~19日の全面再開を予定している学校が41%と最も多く、8~12日が26%、22~26日が9%。多くが6月中の移行を予定していたが、9%は未定・検討中とした。 

(ニュース提供元:時事通信社)