【パリ時事】フランスで2016年に黒人男性が警官に拘束された後に死亡した事件に抗議するデモが2日、国内各地で行われた。米中西部での黒人男性暴行死をめぐる抗議に呼応した形。新型コロナウイルスの感染防止のため10人以上の集会は禁止されているにもかかわらず、地元メディアが報じた警察発表によれば、パリで約2万人が参加した。
 仏紙パリジャンによると、フランスのデモ隊は米国でのデモでスローガンになった「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切)」などと書かれたプラカードを掲げて行進した。デモはおおむね平和裏に行われたが、パリで一部参加者がバリケードを築き、火を放つなどして暴徒化。警察が出動し、催涙ガスで制圧した。 

(ニュース提供元:時事通信社)