東京都の小池百合子知事は4日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来年の夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて、「合理化すべきところ、簡素化すべきところを進めていく」と述べ、大会の簡素化を検討していることを明らかにした。都庁で記者団の取材に答えた。
 延期された東京五輪は、来年7月23日に開幕する予定。小池知事は「五輪開催には都民、国民の理解が必要だ。国や大会組織委員会と連携しながら考えていきたい」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)