埼玉りそな銀行は4日、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている地元の中小企業をサポートする「事業の“こまりごと”相談窓口」を、ビジネスプラザさいたま内(さいたま市)に設置したと発表した。中小企業は感染拡大の影響で、働き方や業務継続などの戦略見直しが迫られている。新たな販路開拓、サプライチェーンの再構築、デジタル化などについて、外部の専門家と連携して問題解決に当たる。 

(ニュース提供元:時事通信社)