日本列島は5日も晴れて気温が上昇した所が多かった。気象庁によると、岐阜県多治見市で34.2度、長野県安曇野市などで34.1度、高知県四万十市で33.7度を観測。午後5時までに30度以上の真夏日となったのは今年最多の297地点に上り、全国観測点の3割を超えた。
 6日は関東から西で真夏日になる所があると予想され、熱中症に注意が必要。 

(ニュース提供元:時事通信社)