日本列島は8日、西日本と東海地方を中心に晴れて気温が上がった。気象庁によると、福岡県久留米市で35.8度、佐賀市で35.2度を観測し、今年全国で初めて35度以上の猛暑日となった。
 熊本県菊池市で34.6度、大分県日田市で34.3度など、34度台を観測する所も相次いだ。午後5時までに30度以上の真夏日となった所は191地点に上り、全国観測点の2割を占めた。
 9日も全国の大半の地域で晴れて真夏日になる所が多いと予想され、熱中症に注意が必要。 
〔写真説明〕最高気温が35度を超え猛暑日となった久留米市内=8日午後、福岡県久留米市

(ニュース提供元:時事通信社)