衆院予算委員会は9日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、新型コロナウイルス対策を柱とする2020年度第2次補正予算案に関する基本的質疑を行い、実質審議入りした。首相は「ポストコロナの時代に(向け)より強靱(きょうじん)性を持った社会構造を構築していく」と表明。オンライン診療の拡充やマスク・防護服の安定供給などに取り組む考えを示した。自民党の山際大志郎氏への答弁。
 立憲民主党の枝野幸男代表は、感染拡大の第2波到来前に一連の政府対応を検証するよう要求。首相は「事態が収束した後、今回の政府の対応策をしっかりと検証してもらいたい」と述べ、応じなかった。 
〔写真説明〕衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=9日午前、国会内

(ニュース提供元:時事通信社)