日本列島は9日、高気圧の影響で広い範囲で晴れ、気温が上がった。気象庁によると、福岡県太宰府市で35.6度、島根県出雲市で35.4度、鳥取県米子市と栃木県佐野市で35.1度を観測し、35度以上の猛暑日となった。東京都心(千代田区)では31.0度を観測し、今年初めて30度以上の真夏日となった。
 9日午後5時までに30度以上となった所は今年最多の321地点に上り、全国観測点の3割を超えた。
 10日は西日本では曇りや雨となるが、北・東日本で晴れて気温が上がる見込み。気象庁は東北地方で猛暑日になる所があるとして、高温注意情報を発表して熱中症防止を呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)