【ソウル時事】北朝鮮は9日、韓国との連絡に使用する通信線を「完全に遮断、廃棄する」と発表し、対決色を改めて鮮明にした。韓国の脱北者団体が金正恩朝鮮労働党委員長を批判するビラを散布したことへの対抗措置だが、対話チャンネルの遮断を一方的に通告することで緊張を高める狙いがありそうだ。
 「対南(韓国)事業を徹底的に対敵活動に転換すべきだ」。朝鮮中央通信は9日、正恩氏の妹、金与正党第1副部長らが8日の会議でこう強調し、「北南間のすべての通信連絡線」の遮断を指示したと報じた。「段階別の対敵活動計画」を審議したことも明らかにし、さらなる措置を講じる構えもちらつかせている。 

(ニュース提供元:時事通信社)