関西電力が、社外取締役候補の佐々木茂夫元大阪高検検事長(現・関電社外監査役)について、25日に開く株主総会の招集通知に事実と異なる記載をしていたことが16日、分かった。佐々木氏は金品受領問題の発覚前に弁護士として関電側の相談に乗っていたが、「事前には認識していなかった」と記載していた。関電は経営陣の刷新など信頼回復の取り組みを進めていたが、早くも疑問符がつく形となった。
 関電は「佐々木氏も監査役に就任する前に問題の一端を知る立場にあった」と公表。ホームページ上で通知の記載について補足説明した。株主総会が開かれるのは金品受領問題が発覚して以降初めて。
 取材に応じた佐々木氏は「(事前に相談が)あったともなかったとも言わない」と明言を避けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)