【ワシントン時事】米国務省当局者は16日、北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破したことを受け、「北朝鮮にさらなる非生産的な行動を慎むよう求める」と表明した。また「韓国の南北関係に関する取り組みを完全に支持している」と強調した。
 米政府高官も「(事務所の破壊を)把握している」と指摘。その上で同盟国の韓国との緊密な協調を続けていると語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)