【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮軍総参謀部報道官は17日、南北協力事業の金剛山観光や開城工業団地がある地域への軍部隊展開や、南北軍事境界線付近での軍事訓練再開などを計画していると明らかにした。16日の南北共同連絡事務所の爆破に続く措置で、韓国との軍事的緊張が一層高まる見通し。
 また、金与正朝鮮労働党第1副部長は17日に談話を発表し、韓国の文在寅大統領が対話を呼び掛けた15日の演説に「嫌悪感を禁じ得ない」と表明。朝鮮中央通信は文氏が15日に金正恩党委員長への特使派遣を提案したものの、与正氏が拒否したと報じており、韓国側との対話に応じない姿勢を改めて強調した形だ。
 韓国大統領府高官は17日、与正氏の文氏批判に「非常識な行為だ」と反発。特使派遣についても一方的に公表したと非難した。また、韓国軍は北朝鮮軍の動向を24時間態勢で監視し、警戒を強めていると明らかにした。 
〔写真説明〕ソウル駅で北朝鮮南西部・開城の南北共同連絡事務所が爆破される様子を伝えるニュース映像=16日(EPA時事)
〔写真説明〕16日に破壊された北朝鮮南西部・開城の南北共同連絡事務所(朝鮮通信・時事)

(ニュース提供元:時事通信社)