気象庁は24日、7~9月の3カ月予報を発表した。暖かい空気に覆われやすく、平均気温は全国的に平年より高いとみられ、熱中症に注意が必要。偏西風が平年より北を流れ、太平洋高気圧が日本付近に張り出しやすいほか、上空のチベット高気圧も日本付近に張り出す時期があるという。
 降水量はほぼ平年並みだが、東・西日本では8月に平年並みか平年より少ない見込み。
 【7月】東日本日本海側と北日本(北海道・東北)は曇りや雨の日、沖縄・奄美は晴れの日が平年同様に多い。東日本太平洋側と西日本の前半は曇りや雨の日、後半は晴れの日が平年同様に多い。
 【8月】北日本の天気は数日周期で変わる。東・西日本は晴れの日が平年より多く、沖縄・奄美は平年同様に多い。
 【9月】西日本日本海側と北・東日本の天気は数日周期で変わる。西日本太平洋側と沖縄・奄美は晴れの日が平年同様に多い。 

(ニュース提供元:時事通信社)