JR東日本が開発したJR横浜駅西口に接続する複合ビル「JR横浜タワー」(地上26階、地下3階建て)が24日、開業した。JRグループの商業施設や横浜市の観光案内所などが入居。大規模災害時には市が総合防災センターを立ち上げ、ビル内で帰宅困難者ら約1万3000人の受け入れや情報提供を行う。 

(ニュース提供元:時事通信社)