九州北部は25日未明から午前にかけ、梅雨前線の影響で大雨となった。前線の活動は26日昼前にかけて活発化し、九州北部と中国地方では断続的に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、落雷や突風に注意するよう呼び掛けた。
 長崎県では1時間雨量が110~120ミリ以上との記録的短時間大雨情報が相次いで発表され、同県や佐賀県には土砂災害警戒情報が出された。
 25日午前11時までの24時間雨量は、長崎県佐世保市で282.0ミリに上り、この地点の6月の観測史上最多記録を更新した。佐賀県伊万里市では176.5ミリを観測した。
 26日正午までの24時間雨量は多い所で、長崎県180ミリ、佐賀、熊本両県150ミリ、中国地方100ミリと予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)