カルビーは25日、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、7月から在宅勤務を恒常化すると発表した。全国のオフィス勤務者約800人が対象で、通勤定期券代の支給も止め、出社日数に応じて交通費を支払う形に切り替える。さらに、ネット環境などの整備の一部補助や、原則在宅勤務で支障がない場合は単身赴任を取りやめる制度も導入する。 

(ニュース提供元:時事通信社)