日本海側に延びる梅雨前線や前線上の低気圧の影響で、26日午前は西・東日本の日本海側や東北地方などで雨が降った。前線は太平洋側へ南下する見通しで、気象庁は西・東日本では夕方にかけて大雨に警戒し、突風や落雷、ひょうに注意するよう呼び掛けた。
 27日午前6時までの24時間雨量は多い所で、九州北部と北陸80ミリ、中国60ミリと予想される。九州北部ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所があるとみられ、土砂災害に警戒が必要という。 

(ニュース提供元:時事通信社)