自民党の行政改革推進本部(本部長・塩崎恭久元官房長官)は26日、大規模な感染症の流行に備えた政府の体制整備について提言をまとめた。司令塔機能を強化するため、感染症担当の危機管理監ポストを新設することなどが柱。近く菅義偉官房長官に申し入れる。 

(ニュース提供元:時事通信社)