梅雨前線の活動が活発化し、27日は九州で大雨になった。気象庁は西日本では28日昼前まで、関東甲信では28日未明から29日明け方にかけて激しい雨が降ると発表。土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒し、突風や落雷に注意するよう呼び掛けた。
 福岡県久留米市では27日午前8時すぎまでの1時間に92.5ミリの猛烈な雨が降り、この地点の1時間雨量の最多記録を更新。宮崎県えびの市では同日午後7時までの12時間雨量が255.5ミリに上った。同日夕には佐賀、宮崎、鹿児島各県の一部に土砂災害警戒情報が出された。
 28日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部250ミリ、九州北部と四国180ミリ、関東甲信120ミリ。その後、関東甲信では29日午後6時までの同雨量が50~100ミリ。 
〔写真説明〕大雨で増水した筑後川=27日午後、福岡県久留米市

(ニュース提供元:時事通信社)