【カイロ時事】イランのメディアによると、首都テヘランの検察当局者は29日、今年1月にイラクで死亡したソレイマニ革命防衛隊司令官の殺害に関与したとして、トランプ米大統領らに対し「殺人とテロ行為」の容疑で逮捕状を発付したと明らかにした。
 イラン側は殺害に関わったとする米軍や当局者ら計36人を特定。トランプ氏が大統領を退任した後も訴追を目指すとしている。一方、ロイター通信によると、米国のフック・イラン担当特別代表は29日、「プロパガンダであり、真剣に受け取る者はいない」とイランの動きを一蹴した。 

(ニュース提供元:時事通信社)